1850

尾州最古の毛織物メーカー

中外国島(ちゅうがいくにしま)株式会社は創業1850年、尾州で最も古い歴史を持つ毛織物メーカーです。

国島の成り立ち

中外国島が目指すもの

中外国島が目指すもの

私たち中外国島は、身につけた時に自分らしいと感じ、気分が高揚するような生地を作りつづけていきます。

会社概要

会社概要

中外国島は、自社直営工場で、紳士・婦人服地を企画・製造し、国内外に販売しています。

沿革

沿革
国島武右衛門が中外国島の前身、国島商店を創業したのはペリー来航の3年前でした。

Re-TAiLへの参画


尾州の魅力を発信する試みとして、中外国島はRe-TAiL(リテイル)に参画しています。

中外国島の特徴

中外国島株式会社はトラディショナルをベースとした価値観と、生産背景および品質管理システムからなる体制が特徴です。

トラディショナル

トラディショナル
中外国島にとってトラディショナルとは、伝統を守ることではなく、時代に合わせた最高のスタイルを指しています。

生産背景と品質管理

生産背景と品質管理
中外国島は技術に優れ、また個性的な多数の協力工場と良好な関係を保ち、自ら責任を持って作りこむ体制を構築しています。

尾州

尾州
尾州(びしゅう)とは尾張(おわり)の国、愛知県一宮市を中心とした毛織物の産地です。